日記:2019-05-07

爽やかに令和、最後の10連休は過ぎ去ってしまいました…。

まあGWとかの世間が連休中でも自分は平常運転というか、何も変わらない日々を送る生活をもう10年以上続けているので、特に何も無いのですが。

とりあえず色々とやり残した事は多いので、それらを2020年までには跡形も無く片付けてしまいたい希望的観測。


習慣アニメ批評: 妖精大戦争

何か回を追う毎に失速感が半端ない。これだと第1話が一番面白かった様な…(先への期待感的な意味で)?

後、どういった理由で使い捨てぽい雑魚キャラでも、初登場の時は名前字幕が出るのかが意味不明。正直、ウザいというかモブの名前を記憶する意味も無いと思うし、後々への伏線だとしたらネタバレもいいところ。それにリアル寄りの作画デザインが悪い方向に足を引っ張ってる感じで、普段なら気にならない僅かな作画乱れが逆に非常に目立ってしまいマイナス。

また話の本筋が未だよく分からないというか、1年間52話でやるのならともかく、せいぜい2クールまでしか引っ張れないのだからメインテーマは2話までに馬鹿にでも分かる様にハッキリさせるべきかな。

習慣アニメ批評: 異世界学園

もっとgdgdと声優の日銭稼ぎになるかと思いきや結構面白い。しかし4つ共、どれもかなりのメジャー級なのにメインキャラで中の人被りが一切、起こってないのが奇跡的かも(笑)?

習慣アニメ批評: 鬼殺し

なかなか面白い。てっきり明治時代かと思ってたら、新元号.大正だったんですね。そして相変わらず爆豪少年が爆豪少年役で出て来て大草原なんだけど(笑)。意外とビビりというか押しが弱くて、今後の絡みに期待。

しかし…回想シーン?の人数で考えると、鱗滝さんの弟子帰還率って相当に悪くない?これは名選手名監督ならずという事なのか、それともこれでも "育て" としては優秀な方なのか…気になります。

P.S.
妹さんが長時間睡眠で体力回復させるのは良いとしても、体内で消費された分のエネルギーカロリーはどこから補充を?

巨人みたいに太陽光がエネルギーって訳でも無いし、人肉以外の何かを代用食として食べてる描写も無いし…空気中の窒素化合物を吸収してるとか??

日記:2019-04-27

新作アニメ批評: 異世界かるてっと

一応、全部の作品を見てたのでキャラ設定とか分かるのは幸い。まあ何かgdgdとやって次の本編開始までの場繋ぎなんだろうけど(笑)。

新作アニメ批評: ぼくたちは勉強ができない

体育会系が圧倒的過ぎて理系文系共に完全にモブなんですが…(笑)。まあ聞く所によると最初に首切られた先生が一番人気らしいので、それまでは見続けようかな。

新作アニメ批評: なんでここに先生が!?

ソフトポルノかと思ったけど、かなりのミドルポルノ。でも同じカップリング固定で話を継続して行くスタイルは好みなので継続視聴。

新作アニメ批評: 八月のシンデレラナイン

作画から漂う地雷臭(笑)!色々と無理ある設定&キャラだけど、話自体は割りと面白いかも。

新作アニメ批評: フルーツバスケット

確か10年くらい前にもアニメやってたよね?もう完全にどんな話だったか忘れてしまったので、一から完全新作アニメとして見ています。

新作アニメ批評: ひとりぼっちの○○生活

これは結構、好きな感じ。

新作アニメ批評: この音とまれ!

少女漫画ぽい感じだったので、もうちょっとホモホモしい部活物かと思ってたら…意外と硬派な部活アニメみたいなので最後まで見る事にします。何か原作漫画の作者自身が実際に琴の家元?の娘だったらしいね。

日記:2019-04-26

平成を総括するためにも新作アニメを振り返ってみる。

新作アニメ批評: 賢者の孫

最初の第1話見終わった時点で1輪切り候補でしたが、まあ行き掛けの駄賃ついでに2話まで見てやるか~と思い2話まで見たら…面白い(笑)!

新作アニメ批評: 世話やきキツネの仙狐さん

いわゆる癒し系?冷静に神の視点から見るとかなりキモイんだけど(笑)、まあ1つくらいはこういうのがあってもイイかなと。

P.S.
ラストの男優視点?のCパートが安っぽいAVみたいで気恥ずかしいというか見てられない…///

新作アニメ批評: さらざんまい

溢れ出るピンドラ臭(笑)!

第1話見ても全く分からん殺し状態なので、続けて第2話を見ても全く分からん殺し状態なので、最終話まで見終わってから評価したいと思います。

新作アニメ批評: キャロル&チューズデイ

オサレ過ぎる、良い意味で。

まあ国内の円盤的には厳しい戦いになるとは思いますが…配信、特に海外向け配信ではかなり人気を取るんじゃ無いでしょうか?

この調子で変に日和ったりテコ入れしたりせずに、最後までオサレに完走して欲しいと思います。自分は好きです。

新作アニメ批評: Fairy gone フェアリーゴーン

自分は好きな感じだけど一般受けはしなさそうな感じ(笑)?PAらしく、相変わらず世界設定と科学文明発展度に矛盾有りまくりな感じですが。まあ評価はこの先の展開次第って所ですかね。

新作アニメ批評: 鬼滅の刃

要するに吸血鬼モノか。何で妹が人を襲わないのか不明だけど、その辺は今後の展開への伏線的なモノかな?原作がジャンプ漫画なんで最終的にはバトル路線オンリーになりそうだけども、ありきたりにならない様なキャラ作りに期待したい。

後、これはジャンプアニメの宿命みたいなモンだから致し方無いのかもしれないけど…ラストの変な小劇場みたいなのが何というか、いわゆる本編は復讐物なんだし無理矢理ギャグ調にしなくても良いのでは?

日記:2019-04-10

もう既に春アニメが始まってますが、その前に最後の総決算を。

最終アニメ批評: 私に天使が舞い降りた

いわゆる、萌え~萌え~なアニメなんですが。何がどう違うと聞かれても困るんですが、こう自分にはビビっと来てハマりました。世間的にも評判が良かった様でなによりです。

前期にやってた『うちのメイドがウザすぎる!』も面白くて気に入ってたんですが、これは世間的には余り芳しくなかった様で…なかなか円盤ビジネスの難しさの一端を垣間見る思いです。

最終アニメ批評: マナリアフレンズ

初めてタイトル聞いた時には「マリファナフレンズとは随分と振り切ったタイトルだな」と思いました(笑)。

まあでも完全に振り切った萌え百合アニメとかで『青い花』みたいに特に訴えたいメッセージとかも無い場合は、こんな風に15分枠の方がむしろ中身濃く出来て良いんじゃないかと思います。

今後、この手のアニメを作ろうと思う場合は参考にした方が良いと思います。

最終アニメ批評: 五等分の花嫁

話自体は面白かったけど…自分、確実に滑り台行きが運命付けられてるのは苦手なんで、なろう作品みたいに全員とハーレム結婚EDとかでも無い限り先を知りたくないな(笑)。

最終アニメ批評: 約束のネバーランド

見始めた最初は微妙だったんだけど…回を追う毎にサスペンスとミステリーを上手く使い分けて最後まで惹き付けられました。特に最後の最後でレイの母親が判明する展開は非常に良かったです。まあ予想通り2期も作られるらしいので期待して待ちたいです。

最終アニメ批評: 賭ケグルイ××

何だか良く分からないオチというか…さすがに1期に比べるとギャンブル設定が少々、雑だった感は否めない。多分、また第3期もあるんだろうと思うので、そこで巻き返しを期待したい。

最終アニメ批評: ガーリー.エアフォース

冬アニメのダークホース枠でしたね。前評判が高かった『荒野のコトブキ飛行隊』が完全に失速してしまったんで、たまたま題材が似通っていた本作の面白さが返って引き立つ形となってしまいましたね。

でも中身も何だかんだで結構SFしてたし、多くの謎は残されたままなので。可能性が少しでもあるのなら続編を期待したいです。